昔ながらのオムライス

満腹レストラン

昔ながらのオムライス

子供の頃、近所に洋食屋さんがありました。
当時はレストランというとホテルの中にあるもので、気軽に入ることが出来るようなレストランはとても少なかったと思います。
それでよく洋食屋さんに行きました。

今ではオムライス専門店も増えてきて、トロトロの玉子がかかったオムライスがおしゃれで、若い人には人気のようです。
ですが職人の技が生きている、薄い卵焼きにクルンと包み込まれたオムライスが大好きです。
玉子の焼き加減も大切ですが、破かずに巻くのもかなりのテクニックです。
厨房でコックさんがフライパンをトントンとたたきながら巻いていくのを眺めているのが好きで、よく張り付いて見てみました。
最近ではこのようなオムライスは洋食屋さんでしか見かけなくなって、寂しく感じます。

見た目はシンプルですが、玉子の焼き加減や、中のライスのふんわり感は、自宅で頑張ってもなかなか上手くできないものです。
出来れば中のライスはケチャップで、上にかけるのはデミグラスソースなら完璧なオムライスだと勝手に思っています。


レトロといわれる洋食はケチャップと共に

日本における西洋料理の歴史は長崎で幕を開け、その後、横浜、神戸、箱館(現在の函館)などの開港に伴い次第に普及していきますが、明治初期にあっては上層階級のためのものであり、一般の人にとっては高嶺の花でした。
やがて明治30年代になると、カツレツやカレーライス、コロッケなど日本的西洋料理が登場し、大正期に入ると全国各地で和洋折衷といった日本人の舌にあった洋食が巷を席巻するようになります。
戦前の洋食の花形メニューの一つにポークソテーがあります。
豚肉のロースを焼いてソースをかける料理ですが、表面はカリッと香ばしく、ナイフを入れると肉汁がソースに溶け合い実においしい料理でしたが、時代の流れがとともに姿を消しつつありました。
しかし、最近レトロな料理としてナポリタンやオムレツ、オムライスなどと共に復活しています。
ナポリタンやオムレツ、オムライスに最も重要な調味料はケチャップです。
しかし、ケチャップがその当時すんなり受け入れられたわけではなく、味や香りのつけ方、特に香辛料の使い方を工夫し、日本人に合ったケチャップを生み出し、様々な研究を重ね一般家庭に親しまれるようになったのは肉屋からです。
そのケチャップ料理の代表が、このところレトロといわれるチキンライスであり、そこから発展したのがオムライスです。
百余年にわたり、日本人の舌を満足させてきた洋食は、既に日本の伝統食の域に達したといっても過言ではありません。

Valuable information

不慮の交通事故で後遺症
http://www.ishii-law.jp/cn9/pg95.html
デザイン名刺送料無料で作成
http://www.macydesign.com/
トイプードルの子犬
http://www.tiarapets-puppy.com/
太陽光発電 全量買取
http://eco-taiyou.co.jp/spp/
社会人サークルでワイワイ
http://syumicon-aiai.com/